耳鳴りと痛みを感じたら注意すべきこと

 

まず、耳鳴りとともに痛みを伴う場合は、その状況によって様々です。

 

■飛行機やトンネルなどでの痛みはこちら

 

■慢性的な耳鳴りと痛みはこちら

 

■特に理由なく、突然の耳鳴りと痛みはこちら

 

なによりも緊急を要するのは、耳鳴りがし、頭に痛みが強烈に走る場合、これは非常に危険な状態です。
脳梗塞や脳出血、脳腫瘍など脳の病気である可能性が非常に高く、非常に危険なシグナルなので、この症状の方は、すぐに病院へ行きましょう。
めまいがある場合は、タクシーや救急車を呼んで下さい。

 

飛行機やトンネルなどでの痛み

これは、高い場所に上昇する飛行機と、電車がすごいスピードで入るトンネルは、同じく今いる気圧よりも低くなります。
耳は鼓膜を境として外耳(がいじ)と中耳(ちゅうじ)に分かれます。気圧が低くなると、中耳が膨らみ痛みがでます。
逆に降下すると、外の気圧が高くなり、中耳は押さえつけられ縮みます。
耳の痛みは気圧の差が大きいほど大きくなるのです。

 

ひどい場合は航空性中耳炎にもなるので、生理現象と思わずに注意が必要です。

 

慢性的な耳鳴りと痛み

 

 

 

 

耳鳴りで、耳自体が痛みを伴う場合は、外耳炎や中耳炎を疑う必要があります。

外耳炎は耳掃除を過剰にしすぎて外耳に傷がつき、出血などして痛みが発症するものです。
耳垢が気になる場合は、自分で無理に耳掃除をしたり、きつく耳を掻くのではなく、耳鼻科で医師に耳垢を綺麗に取り除くようお願いすることが大切です。

 

中耳炎から耳鳴りになることも…

 

また中耳炎は、風邪をこじらせ、風邪のウィルスや細菌が耳に達し、膿がたまって鼓膜を刺激することで痛みが発症します。
中耳炎の場合は、耳の中の痛みがきつい為に、自然治癒はまず不可能です。

 

耳鼻科医にメスで膿を取り除いてもらい、抗生物質などの投与によって完治させる必要があります。
痛みを我慢し、治療せずに放置していると、難病や耳鳴りの症状が永続的に続く可能性もあり、注意が必要です。

 

耳鳴りや耳の痛みはメンタルが病んでいる場合にも見られる症状です。

うつ病や強迫神経症、パニック障害などの心身症を抱えている人は、時々耳鳴りや耳閉塞感を感じる場合もあります。
心療内科や精神科できちんと治療を受ければ、メンタルの回復とともに耳鳴りや耳の痛みも感じなくなることもあります。

 

また耳鳴りや耳が痛くなることは、ストレスや過労などでも見られる症状なのです。

仕事などのストレスは、体の至る所に支障をきたします。
週末などに好きな趣味に没頭したり、生活習慣を見直し、早寝早起きを心がけることでストレスが軽減され、耳鳴りなども緩和される場合もあります。

 

また整体院でマッサージの施術を受けたり、音楽療法や東洋医学の漢方を試すことでもリラックス効果が高まり、ストレスが軽減されることにつながっていくこともあります。耳鳴りや耳が痛む場合は様々な病気の可能性や、ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

 

今月のアクセス数NO.1記事



耳鳴りに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
耳鳴りめまい治療でのサプリ療法
耳鳴りにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛い耳鳴り・めまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

今月のアクセス数NO.1記事



耳鳴りに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
耳鳴りめまい治療でのサプリ療法
耳鳴りにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛い耳鳴り・めまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加