突然の耳鳴りな低い音が聞こえなくなったら

突然の耳鳴りな低い音が聞こえなくなったら

 

突発性難聴という耳の病気があります。過度なストレスや疲れが続くと、突然に耳鳴りやめまいに襲われる病気です。初めは耳が詰まっているような感じがします。そして、遠くのほうで「ぼー」と風が吹いているような音がします。耳鳴りは途切れることなくずっと鳴り続けます。初めは小さな音なのであまり気にしないかもしれませんが、だんだんと大きくなっていきます。そしてちょっとした風の音やファンが回る音が耳の中で何倍にも大きく膨らんで、耐えがたくなっていきます。おそらく多くの人はここで耳鼻科に行くことになります。

 

聴力の検査をしてみると、多くの場合低い音がまったく聞こえていません。低い音が聞こえないことから低音性突発難聴とも言われます。突発性難聴が怖いのは、どんどん悪化していくことです。そしてそのまま耳鼻科に行って治療をしないと、一生耳鳴りが続いたり低い音が聞こえなくなったりしてしまいます。一般には1ヶ月以内に治療しなければ、神経が固まって治らなくなるリスクが高くなるようです。ただ1ヶ月も激しい耳鳴りを我慢することはできるものではありませんので、普通は耳鼻科に行くことになると思います。

 

突発性難聴の治療は時間がかかります。めまいがひどい場合は、メニエール病の薬が処方されることも少なくありません。薬をきちんと飲み続ければ、2週間から1ヶ月くらいで耳鳴りが収まり初め、めまいも治まっていきます。また低い音もちゃんと聞こえるようになっていきますので、それほど心配は入りませんが、体質的に突発性難聴を繰り返してしまう人もいるようです。

 

耳鳴りが癖になると、ずっと悩まされることになります。耳鳴りは自分以外には聞こえない音です。だから、その苦しみは他の人ではわかりません。うるさくて、眠ることもままならなくなります。これでは生活にも大きく支障をきたします。そうならないためにも、突然の耳鳴りやめまいに襲われたなら、必ず耳鼻科に行くことが大切です。

今月のアクセス数NO.1記事



耳鳴りに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
耳鳴りめまい治療でのサプリ療法
耳鳴りにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛い耳鳴り・めまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

突然の耳鳴りや低い音が聞こえなくなったら関連ページ

耳鳴りの時の低音の原因と対処法
耳鳴りの症状には2つのパターンがあります。日頃のストレス等により発症する事例が多く、症状として比較的軽度なものが低音を伴う耳鳴りです。しかし重度の病気の前兆の可能性もあるため、気になるようでしたら医師に相談すると良いでしょう。
脈をうつような耳鳴りはある病気の可能性があります
耳鳴りの中でも、脈を打つような音が聞こえる場合、病気の可能性があります。多汗症や震え、体重減少などの症状があれば、バセドウ病が疑われます。その他、高血圧症や頭蓋内圧亢進症である可能性があるので、内科を受診することが必要です。
突発性難聴による耳鳴りについて
突発性難聴は、突発的に片側の耳が聞こえなくなる、耳鳴り、めまいがします。原因は、はっきりとしていませんが、感冒、ストレスなどと言われています。治療は、内服薬の投与と安静にしていなさいと言われます。早く治せば、再発することもありません。
電子音のような耳鳴りが発生してしまう原因に関して
耳鳴りには、電子音のようなものが消えずに残る場合があります。突発性の初期症状によくみられますが、体としては極度の緊張の連続により無理がたたった状態が、自律神経にゆがみを生じさせていることによるものと考えられます。
頭を動かすと耳の中でガサガサいうのは…
耳鳴りのタイプには様々な種類があります。たとえば低く聞こえるものや高く聞こえるものが挙げられます。しかし音のタイプと症状の重軽度との関連性は未だに解明されていません。気になる点がありましたら医師に相談するのが好ましいです。

今月のアクセス数NO.1記事



耳鳴りに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
耳鳴りめまい治療でのサプリ療法
耳鳴りにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛い耳鳴り・めまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加